東 京 2007年度

第1回講演会(2007.5.12) ◇ 日本型インテリジェンスの模索 −戦前日本の情報運用を例に ◇
 【講 師】 小谷 賢 氏(防衛研究所教官、『日本軍のインテリジェンス』著者)

第2回講演会(2007.5.27) ◇ 憲法と日本の安全保障 −国家・国民を守れる国へ ◇
 【講 師】 潮 匡人 氏(評論家、帝京大学短期大学准教授)

第3回講演会(2007.6.24) ◇ 日本の危機管理の将来設計 −核武装の可能性も視野に ◇
 【講 師】 加藤 朗 氏(桜美林大学大学院教授、『テロ』著者)

第4回講演会(2007.7.28) ◇ 世論を盛り上げるメディア戦略 −国家・国民を守る風潮作り ◇
 【講 師】 花田 紀凱 氏(『月刊WiLL』編集長)

第5回講演会(2007.8.18) ◇ 日本の国境問題 −“海の脅威”から国を守る戦略 ◇
 【講 師】 山田 吉彦 氏(日本財団/東海大学講師、『日本の国境』『海賊の掟』著者)

第6回講演会(2007.9.29) ◇ 日本外交の優先順位 −国益を守る戦略 ◇
 【講 師】 島田 洋一 氏(福井県立大学教授、拉致被害者を「救う会」副会長)

第7回講演会(2007.10.21) ◇ 戦略的な国家間関係構築による「真の独立」 −情緒的"反米"・盲目的"親米"からの脱却 ◇
 【講 師】 西 鋭夫 氏(スタンフォード大学/日本大学教授)
 【パネリスト】 東條 由布子 氏(東條英機元首相御令孫)

第8回講演会(2007.11.25) ◇ 国際社会を動かす資源問題 −現場からみた日本のエネルギー戦略 ◇
 【講 師】 森梅 賢三 氏(三井物産株式会社検査役、元 中東三井物産社長)

第9回講演会(2007.12.23) ◇ 日本のメディアが伝えない国際情勢 −真の国際交流を目指す戦略 ◇
 【講 師】 大高 未貴 氏(ジャーナリスト、元 ミス日本国際親善)

第10回講演会(2008.1.19) ◇ 「撤退」という手段の難しさ −"戦略"と"戦術"の関係を踏まえつつ ◇
 【講 師】 杉之尾 宜生 氏(グッドウィル・グループ株式会社常勤監査役、元 防衛大学校教授、近著『撤退の研究』)

第11回講演会(2008.2.17) ◇ 経済界と日本の国益 −グローバル化する社会でこそ身に付けるべきセンス ◇
 【講 師】 高坂 節三 氏(コンパスプロバイダーズL.L.C.ゼネラルパートナー日本代表、東京都教育委員、元 経済同友会幹事)

第12回講演会(2008.3.29) ◇ 北東アジアの危機をどう乗り切るか −我が国独自の核保有論を考える ◇
 【講 師】 矢野 義昭 氏(軍事研究家、元 陸将補)